ブロードバンドルータのPPPoEクライアント機能

インターネットを利用するには、一般的に、プロバイダへの接続が必要です。
プロバイダへの接続には様々な方法がありますが、その内の一つに「PPPoE」があります。
PPPoEは、ADSLやFTTH(光)などのブロードバンド接続で使われる主な方式の一つです。

ブロードバンドルータ利用環境では、ブロードバンドルータがPPPoEによるプロバイダへの接続を行ってくれます。
この機能について、簡単に説明します。

PPPoEとは

PPPoEとは、PPP over Ethernetの略で、ダイヤルアップ接続などで使われるPPPをカプセル化し、イーサネットフレームで運ぶ技術です。
※PPP:Point to Point Protocol ダイヤルアップ接続で多く使われた、認証機能などを含む接続用のプロトコル

PPPと同じように、IDとパスワードによる認証を行い、認証されたクライアントへは、サーバからIPアドレスが割り当てられます。
ここで割り当てられるIPアドレスが、プロバイダから割り当てられる唯一のグローバルIPアドレスです。

PPPoEによる接続のイメージ

ブロードバンドルータがPPPoEクライアントになる

ブロードバンドルータを使用せず、パソコンを直接インターネットへ接続する場合は、パソコンがPPPoEクライアントになります。
専用の接続ツールや、OSの機能を使って、PPPoEサーバと通信を行います。

パソコンがPPPoEクライアントとなる

しかし、このままでは、複数台のパソコンで同時にインターネットを利用することができません。
通常、プロバイダへの接続IDは、1ユーザーに対して1つだからです。

そこで、ブロードバンドルータのPPPoEクライアント機能が役立ちます。
ブロードバンドルータが、家庭内LANを代表してPPPoEクライアントとなり、プロバイダへの認証と接続を行います。
家庭内にある各パソコンは、ブロードバンドルータを介することで、インターネットを利用することができます。

ブロードバンドルータがPPPoEクライアントとなる

ブロードバンドルータがPPPoEクライアントになっている環境では、パソコン側でPPPoE接続を行う必要はありません。
専用の接続ツールや、OSのPPPoE設定なども不要になります。

ブロードバンドルータのPPPoEクライアント設定

ブロードバンドルータのPPPoE設定は、購入直後のセットアップの中で行うことが多いと思います。
セットアップの中で、接続IDやパスワードの入力を行っていれば、それがPPPoE接続の設定としてブロードバンドルータに保存されます。

セットアップ中のPPPoE設定入力画面

セットアップの中で行われたPPPoEの設定は、ブロードバンドルータの設定画面からも、確認や変更を行うことができます。
手順は以下のようになります。
説明に使用するブロードバンドルータは、「BUFFALO WHR-AMPG」です。

まず、付属のツールなど利用して、ブロードバンドルータの設定画面を呼び出します。
AirStation設定ツールの場合は、設定を行うブロードバンドルータを選択して、「WEB設定」をクリックします。
※ブラウザのアドレス欄に「http://192.168.11.1/」(ブロードバンドルータのLAN側IPアドレス)と入力しても設定画面を呼び出せます。

設定を行うブロードバンドルータを選択して、「WEB設定」をクリック

認証画面が表示されるので、ユーザー名に「root」と入力し、「OK」をクリックします。

ユーザー名に「root」と入力し、「OK」をクリック

設定のTOP画面が表示されるので、「WAN/LAN」をクリックします。

「WAN/LAN」をクリック

WANの設定画面が表示されるので、「PPPoE」をクリックし、PPPoE設定の画面を表示させます。

「PPPoE」をクリック

PPPoEの設定画面が表示されます。
接続先リストの下にある「接続先の編集」ボタンをクリックします。

「接続先の編集」ボタンをクリック

画面の下のほうに、設定済みの接続先リストが表示されます。
確認、編集を行う場合は「修正」ボタンをクリックします。

「修正」ボタンをクリック

現在の設定内容が表示されます。
変更を行う場合は、各項目を入力し、「修正保存」ボタンをクリックします。

変更を行う場合は、各項目を入力し、「修正保存」ボタンをクリック

以上で、ブロードバンドルータのPPPoEクライアント機能に関する説明は終わりです。
プロバイダへの認証は、ブロードバンドルータが行っていることを覚えておきましょう。
プロバイダなどを変更をした場合は、ブロードバンドルータの再設定が必要となります。

▲ページの最上部へ戻る