無線LAN対応ブロードバンドルータの選び方

無線LANを導入するためには、無線LAN対応ブロードバンドルータが必要になります。
無線LAN対応ブロードバンドルータの選び方について簡単に説明します。

無線LANの規格

無線LAN対応ブロードバンドルータの選択では、製品が対応している無線LANの規格が重要になります。
無線LANには規格が複数あり、それぞれ特徴があるので、まず、無線LANの規格について簡単に説明します。

親機(アクセスポイント)と子機(パソコン)は同じ規格のサポートが必要

無線LANには複数の規格があり、それぞれ通信方式が異なります。
無線LAN通信を行う親機(アクセスポイント)と子機(パソコン)は、同じ規格をサポートしている必要があります。

1つの機器が複数の規格をサポートしている場合、その中に相手側がサポートしている規格があれば、その規格で通信できます。

お互いにサポートしている規格でのみ通信が可能

接続する予定のパソコンに無線LAN機能がある場合は、どの規格をサポートしているか確認しておくとよいでしょう。

無線LAN規格の概要

無線LANの各規格は以下のようになります。

無線LAN規格名通信速度(理論値)使用する周波数帯主な特徴
IEEE802.11n(Draft)最大300Mbps2.4/5GHz帯通信が高速・電波が届きやすい
IEEE802.11g最大54Mbps2.4GHz帯サポートしている機器が多い
IEEE802.11a最大54Mbps5GHz帯他の電波の影響を受けにくい
IEEE802.11b最大11Mbps2.4GHz帯古い機器でも通信できる

規格名は、末尾の3文字で11n・11g・11a・11bや、末尾の1文字でn・g・a・bと呼ばれることが多いです。

11nの「Draft」は暫定的な規格であることを表わしています。
Draft版の製品は、他メーカーとの通信をサポートしていない場合もあるので、その点は注意しましょう。

目的や環境に合った無線LAN対応ブロードバンドルータを選ぶ

無線LAN対応ブロードバンドルータにも様々な製品があります。
目的や環境に合った製品を選択しましょう。

高速通信を楽しむなら

高速通信で動画や音楽のストリーミングを楽しみたい場合は「11n」対応製品がおすすめです。
最大300Mbps(理論値)の通信速度は、他の無線LAN規格を圧倒しています。

IEEE802.11n対応BUFFALO_WZR-AGL300NH

安く、手軽に無線LANを導入するなら

安く、手軽に無線LANを導入したい場合は「11g」対応製品がおすすめです。
多くの無線LAN機器が対応している規格なので、様々な製品と接続できます。
通信速度は最大54Mbps(理論値)ですが、Webページの閲覧なら全く問題ありません。

IEEE802.11g対応BUFFALO_WHR-G

通信できるエリアが気になる場合は

無線LANは電波を使って通信を行うため、通信できるエリアには限界があります。
電波出力の強い製品を使用することで、通信範囲が広がります。

HIGH_POWERモデルBUFFALO_WHR-HP-G

HIGH POWERモデル以外では、通信方式の特長などから、11n対応製品が電波が届きやすいと言えます。

同時使用モデルなら規格の使い分けが可能

複数の無線LAN規格に対応している製品には、同時使用モデルと切り替えモデルがあります。
同時使用モデルは、接続する機器によって規格を使い分けることができます。

同時使用モデルは複数の規格で同時に通信できる

以上で説明は終わりです。
どのような製品が自分の目的や環境に合っているか、大体のイメージは掴めたでしょうか?
大雑把な説明でしたが、製品購入の参考になればと思います。

▲ページの最上部へ戻る