LAN接続型ハードディスク(NAS)

LAN接続型ハードディスクは、直接LANへ接続できるハードディスクです。
「NAS」(Network Attached Storage)と呼ばれることもあります。
ハードディスク内のデータを共有することで、LAN内のどのパソコンからでも、そのデータを利用できるようになります。

BUFFALO_LS-CH1.0TL

LAN接続型ハードディスクの使い方

LAN接続型ハードディスクの使い方について簡単に説明します。

家庭内LANを構築すると、ネットワークを介してデータを共有できるようになります。
パソコンの中に共有フォルダを作成し、他のパソコンからも利用できるようにする方法が一般的です。

パソコンへ共有フォルダを作成すると、LAN内のどのパソコンからもデータを利用できる

しかし、このような環境では、共有フォルダを作成したパソコンが起動していないと、他のパソコンでデータを利用することができません。

共有フォルダを作成したパソコンが起動していないと、他のパソコンでデータを利用できない

LAN接続型ハードディスクを使用すると、他のパソコンの状況は関係が無くなり、LAN接続型ハードディスクの電源が入っていれば、いつでもデータを利用できます。

LAN接続型ハードディスクの電源が入っていればデータを利用できる

LAN接続型ハードディスクは、パソコンに比べると消費電力がかなり低いので、常時稼動していても電気代はそれほど高くなりません。
また、アクセスの無い時は省電力モードへ移行する製品や、パソコンの起動に合わせて電源をONできる製品など、消費電力を押さえるように工夫されている製品もあります。

LAN接続型ハードディスクとは、データを使いたい時に、いつでも、どのパソコンからでも簡単に使えるようにする、小型のファイルサーバと考えるとよいでしょう。

LAN接続型ハードディスク購入時の確認ポイント

LAN接続型ハードディスクを購入する際の確認ポイントについて簡単にまとめてみます。

ハードディスクの容量

LAN接続型ハードディスクは、外付けのハードディスクなどと同じように、製品によって搭載しているハードディスクの容量が違います。

容量が大きいほど沢山のデータを保存できます。
しかし、当然のことながら、同一シリーズの製品では容量が大きいほど値段が高くなります。
必要な容量と予算のバランスを考えて製品を選択しましょう。

消費電力と省電力機能

LAN接続型ハードディスクは、手動で電源をON/OFFすることもできますが、運用上、常時稼動させたい場合が多いと思います。

消費電力が高いと電気代も高くなるので、最大消費電力や省電力モード時の消費電力を確認しておくとよいでしょう。
また、省電力機能の内容や、パソコンとの連動で電源がON/OFFできるかも確認しておくとよいでしょう。

デジタル家電への対応(DLNA)

LAN接続型ハードディスクに保存されているデータを、テレビやオーディオなどのデジタル家電で再生したい場合は、DLNAに対応している製品を選択するとよいでしょう。
デジタル家電側もDLNAに対応している製品を使用すれば活用方法が広がります。
※DLNA(Digital Living NetworkAlliance):デジタル家電の相互接続を目的とする団体とガイドラインの名前。

LAN以外の接続ポートと接続可能な機器

LAN接続型ハードディスクには、LAN接続ポート以外に、USBポートなどの接続ポートが備わっている製品もあります。
デジカメを直接接続してデータを保存したり、プリンタを接続してプリントサーバとして利用できる製品もあります。
どのような接続ポートが備わっていて、どんな製品を接続できるか確認しておくとよいでしょう。

その他の機能と付属ソフト

LAN接続型ハードディスクは、単なるハードディスクではなく、ホームサーバとして様々な機能を備えるようになりました。
メーカーのWebサイトなどで豊富な機能を確認してみるとよいでしょう。

また、付属しているソフトも便利なものが沢山あります。
こちらも確認しておくとよいでしょう。

以上でLAN接続型ハードディスクの説明は終わりです。
増え続けるデジタルデータを家庭内で1つにまとめることができる便利な製品です。
デジタル家電との連携で活用方法はさらに広がっていくと思います。

▲ページの最上部へ戻る